FC2ブログ

障害のある子が将来にわたって受けられるサービスのすべて

この本は、東京都世田谷区に住む行政書士、社労士の渡部伸さんが書いた本である。
渡部さんのお子さんは知的障碍者。
障害のある子の「親なきあと」という本も出されている。

私はどちらの本も知らなかった。

「親なきあと」相談室という活動もされていて、メール相談、出張相談を受け付けている。

早速読んでみよう。

ご訪問ありがとうございました。


発達障がい児育児ランキング
スポンサーサイト



壊れた理想像

先日大阪で起きた拳銃強奪事件。
刺された警察官の方は一命をとりとめたそうで、本当にホッとした。

この犯人は精神障碍者手帳2級を持ち、就労していた。
次男よりも等級は重い。

障碍を持ちながらも社会に出てきちんと仕事をする。
これはまさに今次男が目指しているものだ。

犯人も事件を起こす直前まで仕事をしていたという。
一体犯人の心の中で何があったのだろう。
事件に至るまでの過程をじっくり調べて頂きたいものである。

ご訪問ありがとうございました。


発達障がい児育児ランキング

漠然たる不安

先日金融庁が発表した「老後2000万必要」の報告書。
その後政府が受け取りを拒否した事でうやむやになってしまった。

この報告書によって老後に危機感を持った人はたくさんいるだろう。
私もそうだが、何よりも子供の事が心配になってしまった。

子どもたちの時代には年金はどうなるの?
菅官房長官は「公的年金は持続可能!」と太鼓判を押してくれた。
それはそうだろうね。
制度が無くなるわけはない。

でも私の親の時代には60歳支給だったのが今は原則65歳。
平均寿命が延びているから、という理由でどんどん伸びそう。

生活力のある人ならそれでもいいだろう。
でも多くの障碍者は、残念ながらあまり生活力は高くない。

作業所で働いている先輩ママの話によると、賃金(工賃)は1か月1万円くらいらしい。
その他、障碍者向けの手当てがあるのだろうけれどかなり厳しい。

次男は一般就労を目指してはいるが、運良く就労出来たとしても貰えるのは最低賃金だろう。
これも厳しい。
とても貯蓄など出来そうもない。

今私は改めて、障碍者手帳を取得した時に市役所から頂いた冊子を読んでいる。
この先次男が生きていく為に、利用できる制度をきちんと知っておく必要がある。

でも、、、知的や身体と違って精神の一番軽度はあまり利用できるものが無かったりして、、
これからいろいろ調べなければ。

ご訪問ありがとうございました。


発達障がい児育児ランキング

居場所

次男が就労支援事務所に通い始めてもう4週間。

6年間通った学校よりもずっと近いので、毎日8時過ぎに出かけて5時前には帰って来る。
内容は日替わりで、お約束の事務関係の他、ボールペンの組み立てをしたり事務所内にある厨房でお手伝いをしているようだ。

「楽しいよ!みんな優しい。」という笑顔を見ると、こちらも素直に嬉しくなる。

とにかく次男はこの事務所に自分の居場所を見つけることが出来た。
それは本当に幸運だったと思う。

ここにいられるのは最長2年間。

この広い世界には、次男の次の居場所がきっとあるはずだ。
次男だけではない。
この世に生まれた誰にでも居場所はある。
ただ、それを見つけるのは簡単な事ではないのかもしれない。
今はそう信じて進むしかない。

ご訪問ありがとうございました。


発達障がい児育児ランキング
プロフィール

アウイナイト

Author:アウイナイト
ユニークな子供達のおかげで、今まで見えなかった世界が見えてきました。
内気な私ですが、前向きに生きていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる