FC2ブログ

メールでカミングアウト

私は悩んでいた。
古い友人たちにメールを送らなければならないのだ。

メンバーは私を含めて5人。
独身、既婚子供無し、既婚子供有、などライフスタイルは様々で、昨年会った時はとても楽しい時間を過ごすことが出来た。
その時、次男が自閉症、発達障碍である事は告白しなかった。

今年に入ってから、メンバーからの連絡は無い。
次男の受験で私が大変だと思って、気を使っているのだろう。
私から何かアクションを起こさなければいけない。
でも、何と書けばよいのか。
もうここは開き直って真実を書くしかない!
私は覚悟を決めた。

こんにちは。
お久しぶりです。
次男は高校を卒業しました。
実は次男は自閉症なのです。
卒業後は就労の訓練をしてくれる所に進みます。

といった内容を書き、「え~~い!」と訳の分からない気合を込めて送信ボタンを押した。

返事を待つ時間がとても長く感じられる。
ついに携帯の着信音が響き、ドキドキしながら手に取った。

飛び込んできたのは「次男君、卒業おめでとう!」の文字。
大学1年生のお嬢さんを持つA子さんからであった。

続く文章の内容は「自閉症の事はよく知らないけれど、次男君の事をよく考えて進路を決めたのね。さすがです。落ち着いたらまた会いましょうね。」

別に誉められるようなことではないが、ホッとして緊張がほぐれた。

他のメンバーたちの返信も
卒業おめでとう!
ママもお疲れさまでした~。
次男君、頑張ってね!
などなど、あたたかい言葉ばかりである。
そして必ず書かれている「またお会いしましょう!」の言葉。

本当に寛容で心優しい友人たちである。
心を覆っていた厚い雲はすっかり晴れて澄み切った青空のような気持ちになり、私は心からの感謝をこめて再び「ありがとう!またお会い出来る日を楽しみにしています!」の返事を送った。

ご訪問ありがとうございました。


発達障がい児育児ランキング
スポンサーサイト



プロフィール

アウイナイト

Author:アウイナイト
ユニークな子供達のおかげで、今まで見えなかった世界が見えてきました。
内気な私ですが、前向きに生きていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる