FC2ブログ

お絵かき

最近次男は「お絵かき」にはまっているらしい。

時々見せに来る。
決して上手ではないのだが、とても細かい所まで描かれている。
私は絵を見るのは好きだが描くのは得意ではなく、ザーッと描いてガーッと塗る、といった大雑把な描き方しかできない。
学校の夏休みの宿題(美術)で、いつまでもチマチマと描いている次男を見ながら少し苛立ちを覚えた事もあった。

ところで、埼玉県に福島尚さんという鉄道画家がいる。
この方の描く絵は、まるで写真のようである。
福島さんは1969年生まれ。
知的障碍を伴う自閉症である。
4歳の時から創作活動をしているという。

その他にも切り絵の上田豊治さん、カラフルで動物がたくさんの松元伸乃介さんなどがご活躍されている。

残念ながら次男が絵の分野でデビューする事はあり得ない。
しかし、自分の好きな様に絵を描くことが精神の安定に繋がるのであれば、生涯にわたって続けられるとても良い趣味になるだろう。

ご訪問ありがとうございました。


発達障がい児育児ランキング
スポンサーサイト



つかの間の平穏

このところ、次男の精神状態はすこぶる良好である。
おやつを食べながら「クスクス、、」と笑い出すこともあり、「どうしたの?」と聞くと「あのねぇ、面白い事があったんだよ、、」と無邪気に話してくれる。

来週の保護者面談に向けての家庭内調整については、「専門学校を受けないと決まったわけではない。それに加えて、広い視野を持って、就労支援などの他の選択肢も検討中。」という事に落ち着いた。

今までリビングが主な居場所だった次男が、2階の自分の部屋にいる事が多くなった。
そこで勉強してくれているのなら申し分ないのだが、どうもそうではないらしい。

「今日は絵を描いてみたんだよ。」と、これまた無邪気に見せに来る。
正直、(なんで、、絵???)と思う。

漫画も好きである。
一応教育的漫画だったりするので、(叱るのもなんだかな、、)と思う。

学校の宿題はやっているので、(まあ、いいか。)と思う。

どこかモヤモヤしながらも、表面上は平穏な日々。
これがいつまでも続くはずはない。
続いても困るけれど。
でも取りあえず、今はこの平穏な時間を楽しむ事にしよう。

ご訪問ありがとうございました。


発達障がい児育児ランキング

聞いてないよぉ

次男は毎日機嫌良く通学している。
新しい担任にもクラスメートにも満足しているようである。

先週は新担任との生徒面談があった。
高校2年の最後の面談で、次男は「第一希望、第二希望とも決まり、塾では数学に加えて現代文も受講します。合格に向けて頑張ります!」と宣言した、そうである。

新担任はその資料を引き継ぎ、「この子は志望校も決まって大丈夫だな。」と安心しきっていただろう。
それなのに、次男の口から出たのは、、
「やっぱり受験勉強厳しいです。塾は辞めました。志望校も受けるかどうか分からないです。」

そんな事を突然言われた先生は「聞いてないよぉ、、」と思ったかどうかは定かではないが、「そうですか。ではもう一度進路を考えましょう。」とおっしゃったそうである。

次は保護者面談である。
それまでに次男と夫とよく話し合って、方向性を定めなければならない。

ご訪問ありがとうございました。


発達障がい児育児ランキング

就労支援カフェ

春休み最終日、私と次男はカフェへと出掛けた。

そこは、とある就労支援サービス事務所が手掛けているカフェ。
知的障碍、精神障碍の人達が自立に向けて、接客、調理補助、清掃などを行っている。
次男にも、就労支援のためのカフェなので働いている人たちの様子をしっかり見るように、と伝えていた。

電車に乗って都心方面へと向かう。
カフェがあるのは、都心に入る手前の賑やかでそこそこ大きな街。
チェーン店のカフェも駅前にあるのに、こんなところでやっていけるのだろうか?

駅から歩いて3分ほどの駅裏にそのカフェはあった。
思ったよりお客さんが多い。

席に案内してもらうとすぐにウエイターさんがお水を持ってやって来た。
おじさんであった。
礼儀正しく落ち着いて注文を取るその姿は、障碍者なのか健常者なのか判断がつかない。
テーブルの上にはハガキ立てがあって、そこに立ててあったハガキを見ると、店の説明(ここが就労支援の場である事)があった。

店の様子をよく見るように、と言われていた次男も、あまりにも普通のカフェなのでどこをどう見たら良いのか分からなかったのだろう。
結局私はケーキセット、次男はシャーベットを美味しくいただいて店を出た。

「どうだった?」と感想を聞くと「美味しかった!」
「働いている人たちは?」
「みんな真面目に働いていたね。それに、とても居心地が良かったよ。」
その言葉を聞いて、あの場所には確かに次男の仲間たちと、理解を持って指導に当たってくれる方々がいた事を確信した。

今回の所はちょっとハードルが高いかもしれないが、就労支援も悪くない、と改めて思った一日であった。

ご訪問ありがとうございました。


発達障がい児育児ランキング

最終学年

春休みが終わり、次男もついに高校最終学年となった。

塾を辞めて自分のペースで勉強出来るようになった次男。
確かに自分のペース、なのだが受験勉強のペースとは程遠い。

ある時「今、何勉強しているの?」と聞いたら、なんと、受験科目ではない教科を勉強していると言う。
思わず「な、なんで??」と聞き返してしまった。
どうやらその日の気分はその教科だったらしい。
志望校合格は次第に遠ざかっているように思えてくる。

しかし良い面もある。
精神的には落ち着いてきたようだ。
始業式の前には「明日からまた学校だ。楽しみだな~。」とご機嫌であった。

次男には高校生活を楽しんでもらうとして、私は引き続き、就労支援などの進学以外の道を模索する事にしよう。

ご訪問ありがとうございました。


発達障がい児育児ランキング
プロフィール

アウイナイト

Author:アウイナイト
ユニークな子供達のおかげで、今まで見えなかった世界が見えてきました。
内気な私ですが、前向きに生きていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる