FC2ブログ

曇り空の心

もう4月も終わろうとしている。
次男は休まず学校へ行っているものの、以前のように晴れ晴れとした表情をしてくれない。

一応進学コースではあるが、一番ゆるいコースである。
本人も「授業は分かるよ。問題ない。」と言っているし、新しいクラスメートとのトラブルも無いようだ。

先日、高2最初の保護者会があった。
その時の担任の話の中に、原因のヒントを得たような気がした。
担任は、「自分の特性を理解して進路をしっかり決めるように、学校でも指導していきます。」と言ったのである。

これは、自分を客観的に見ることや、先を見通すのが苦手な次男にとってはあまりにも難しい問題である。
しかし担任の言う通り、成し遂げなければいけない問題でもある。
いつまでもこの高校にいる事は出来ないのだ。

次男の様子が不安定なので、学校や就労支援サービス事務所探しはしばらく中断していた。
でも思い切って再開してみよう。

行動しなければ、いつまでも心は曇り空のまま。
一筋の光が差すことを信じて次男と頑張ってみよう。

ご訪問ありがとうございました。


発達障がい児育児ランキング
スポンサーサイト



高校2年スタート

不安な要素てんこ盛りで、高校2年生の幕は上がった。
始業式前日には「明日学校いけるかな、、」と言うどんよりした姿を見て、えっ、そんなに深刻なの?と心配した。
始業式には新しいクラスと担任が発表される。
「とにかく、行ってごらん。どうしても無理だったら保健室行ってもいいから。」と送り出した。

あれから1週間、次男は今では当たり前のように学校へ行っている。
新しいクラスにも担任にも特に不満は無いそうだ。

次男の様子は明らかに変化している。
無邪気さが影を潜め、暗くなったような気がした。

夫に相談したら、「そりゃあ、今までが幼過ぎたんだよ。高校男子なんてあんなに能天気じゃないよ。俺なんか家族と口を利くのも嫌だったよ!少しは人並みになったんじゃないか?」という事で、そんなに心配する必要は無い、と言う。

そんなものなのか。
長男はどうだっただろうか?
普通に話していたような気はするが、家族と出かけるのを嫌がったりイライラしていると感じる事はあった。

次男がその時期なのか。
高校2年にもなると勉強は難しくなり、進路もある程度決めなければならない。
長男は何とか乗り切ったが、次男は大丈夫だろうか?

しかし「何となく不安」というだけで、具体的な問題は何一つ起きてはいない。
この状態であまり大騒ぎをするわけにもいかない。

ここは気持ちを大きく持って、笑顔で温かく見守るとしようか。

ご訪問ありがとうございました。


発達障がい児育児ランキング
プロフィール

アウイナイト

Author:アウイナイト
ユニークな子供達のおかげで、今まで見えなかった世界が見えてきました。
内気な私ですが、前向きに生きていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる