FC2ブログ

教育兄さん

現在、長男が春休みで家に帰っている。
家の手伝いもしてくれるし次男の勉強も見てくれるし、とても助かる。
ただし、、、意外な一面も見えてきた。
それは、次男に対してとても教育熱心な一面である。

長男には、次男の障碍については何も告知をしていない。
次男の通う学校は普通の学校の普通科である。
長男は次男の事を「かなり幼いし、色々変わってはいるが普通の子」だと思っているのである。

「次男君は大学じゃなくて専門学校に行くんじゃないかな?」とは言っているが、「どうして?大学楽しいよ。学校の成績だって悪くないんだから大学にすれば良いじゃないか。」と反論してくる。
肝心の次男は例によって「う~~ん、まだ分かんない。」

「まあどっちでもいいけれど、勉強はしっかりしないといけないよ!」
全く長男の言う事は正論である。
次男の障碍に気が付かなかったら私も同じ事を言っていたのだろうな、と思う。

長男にも次男の障碍についてきちんと話すべきなのだろう。
ただ今は、どのように話せばよいのかが分からない。

ご訪問ありがとうございました。


発達障がい児育児 ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

アウイナイト

Author:アウイナイト
ユニークな子供達のおかげで、今まで見えなかった世界が見えてきました。
内気な私ですが、前向きに生きていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる