FC2ブログ

心をざわつかせるもの

ポストから郵便物を取って確認する。
その作業は、特に何の感情も込められずに淡々と行われる。
特別なのはお正月くらいだろう。
友人たちとの連絡手段がメールになり、遠方の友人からの手紙を待ち焦がれることも無くなった。

そんな中、見ると心がざわめくものがある。
それは予備校からのお知らせである。
今の時期は特に多い。
先程は2通入っていた。
中身を読まれることもなくゴミ箱へ直行。

思えば、長男の時も似たような状態だったはずだ。
長男の学校はとても面倒見が良く、学校で入試に向けた補習授業をしてくれた。
2~3所予備校の体験授業に行ったものの通う時間なども考慮して、予備校には行かずに学校の補習と過去問を頑張る、と自分で決めたのだ。
なので、今と同じように予備校のお知らせはゴミ箱直行だったのに、心がざわついた記憶は無い。
単に「必要ではないもの」と認識されただけだった。

このざわめきの源はどこにあるのか。
次男や予備校や名簿業者では無い。

それは私の心の中にある。
諦めきれない次男の大学(四年制)進学、それに対する疑問、友人や親戚への見栄などが渦を巻き、穏やかな気持ちを脅かしているのだ。
もっと次男本人の事を考えて、より良い方向へと導いていかなければならない、と分かってはいる。
しかし、まずは自分の気持ちの底で渦巻く煩悩(?)と闘わなければいけないのだろう。

ご訪問ありがとうございました。


発達障がい児育児 ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

アウイナイト

Author:アウイナイト
ユニークな子供達のおかげで、今まで見えなかった世界が見えてきました。
内気な私ですが、前向きに生きていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる